DeutschEnglishJapain
Home  |  Sitemap  |  Contact

バイオグラフィー 〜家族〜

 

格闘家としてはかなりハードだったアンディだが、家族へ注ぐ愛情は優しさにあふれていた。未来を担う子どもをアンディはずっと望んでいた。そして1994年11月18日、イローナはローザンヌのセント・アンナ・クリニックで陣痛促進剤を用いてひたすら待っていた。そして翌朝早く、イローナはこれ以上耐えられない状態になった。お昼にイローナの子宮口が開いたので医師は吸引や鉗子分娩を行おうとした。約5時間医師は頑張ったがうまくいかない。出血も多くなってきたため、夕方になって、やっと医師は帝王切開に切り替える決断をした。30分後、幸せな父親はやっと3,850gの赤ちゃんに産湯を使わせることができ、その男の子は“セイヤ”と名付けられた。この名は“聖なる矢”を意味し、末永く幸福な人生であってほしいとの願いが込められている。

 

利用規約等  I  契約約款   I  奥付  I  Panorama-Invest AG   Blegistrasse 15  CH-6340 Baar