DeutschEnglishJapain
Home  |  Sitemap  |  Contact

経験が生み出す人類の智恵

 

八卦掌、形意拳とともに太極拳は、3つの古典的な道教(老子の教え)をベースに、武当山を本山とする三大流派としてヨーロッパではよく知られている。自分の中にある真理を探求し、それを悟り、自然界の法則がそれを示す、という思想を今日に至るまでもっている。.

 

12〜13世紀、中国は当時の高い文化レベルによって贅を極めたが、すでに豊かさの裏にある退廃も現れていたため、好戦的なタタール人やモンゴル人が自らの主張を始めていた。中国国内でそのような政治的混乱が続く中、有名な隠遁者Zhang San Fengは、人が生きる道を自然回帰の中に求めた。言い伝えによれば、鶴が蛇と闘っている様子から太極拳の動きが編み出されたとされている。そのトレーニング方法は気功と瞑想から成り、起源はさらに数世紀遡る。

 

Zhang San Fengは野生動物や自然の力を観察しながら、人類の真の豊かさとは何かをそこに見出した。蛇や山猫、鶴の体の動きから、宇宙の力が多種多様な形でそこに現れていることを発見し、ここから太極拳を展開させた。彼や彼の弟子達は、文明や文化の発達に逆行して、自然がもつ様々な要素に自らの「道」を見出し、流れゆく生命エネルギーと調和する体の動きを見出したのである。

 


太極拳のどこにアンディは見せられたかといえば、体の動きと精神を結びつけて集中することができるからであろう。自分の体そのものが実際のトレーニングスペースすなわち真の道場となり、自分の心の「道」を見つけられるのが太極拳である。自己の成長を「登山」になぞらえることがあるが、山を道場に置き換えれば太極拳も同じで、体が必要とする空気の中、360度に広がる景色が眼下眼前にあり、日々の様々な雑事から解放されるのだ。そこでは専門家から知識を教えてもらうのではなく、自らの本能を駆使して悟る。後にアンディはハードなトレーニングの終わりに太極拳を取り入れ、自身の内面を再生・調和させていた。
利用規約等  I  契約約款   I  奥付  I  Panorama-Invest AG   Blegistrasse 15  CH-6340 Baar