DeutschEnglishJapain
Home  |  Sitemap  |  Contact

様々な種類の中国拳法

 

「カンフー」は中国拳法の総称である。その語源は実は中国にはなく実際にはアメリカで、多岐に渡る中国拳法がどのようにまとめられたのかは明らかではない。「カンフー」という言葉の意味自体は「激しい動き」の意味があり、技を完璧なものにするためのトレーニングや強さを意味していると思われる。

 

中国で拳法は「ウシュウ」と呼ばれ、かつては中国拳法の一般的呼称として使われていたが、今日では共産主義政府が1950年代に認可した拳法全般を指すようになり、中国文化のシンボルとして奨励されるまでに至っている。しかし、今日では拳法が体現する技や精神よりもアクロバティックな動きに重きが置かれているため、伝統的な中国拳法の指導者は今や「拳法指導者」として見なされていない。

 

よく知られている道教系中国拳法(太極拳、八卦掌、形意拳など)は武当山を源とするもので、少林寺拳法は仏教系の少林寺を源としている。数世紀に渡り、これらの寺は政治や文化の中枢を担い、古来の知識や技を伝承する場所だった。少林寺拳法は、さらに遡ると6世紀前半に中国の少林寺に来たインド僧Bodhidharmaの存在にあたる。修行僧の肉体的・精神的ステージを高めるため、彼は18のエネルギッシュなエクササイズで構成される「Lohan」を教えていたのだが、これが少林寺拳法の始まりだと言われている。

 

道教系拳法では、自分の内なる成長(精神的発展)との連携を非常に重視する。正確な起源は不明だが、その大切な部分は数千年に渡って継承され、発展する文化の中で語られる哲学としても存在し続けてきた。中国文化の影響は東南アジア全体へ波及し、語り継がれてきた精神世界に基づく「知識」と「行動」は、格闘技発展の精神的背景として大きな影響を与えてきた。

 

格闘技の「哲学的背景」「知的背景」「精神的背景」はアンディにとって非常に重要なものであった。アンディは「時とともに統合され継承されてきた伝統は、スポーツにおいても決して何かを縮小させるものではない」と考えていて、精神的発展(内的過程)と肉体的発展(外的過程)が連携し調和する可能性を探していた。

 

利用規約等  I  契約約款   I  奥付  I  Panorama-Invest AG   Blegistrasse 15  CH-6340 Baar